腰痛・五十肩に!相武台前の鍼灸院【あらい鍼灸治療院】

こんなお悩みありませんか?

あらい鍼灸治療院はこんな治療院です。

特効つぼを刺激する経絡治療を主に行い、光線治療を組み合わせて症状の回復まで導きます。

中国の古典医学に基づいて昭和初期に日本で復興した伝統鍼灸治療です。

東洋医学において身体は、五臓六腑(肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)の調節により健康が保たれており、そのバランスが崩れたときに、病気になると考えられています。

経絡治療の目的は、身体に流れる十二本の経絡(気のルート)を症状や脉(みゃく)、お腹の状態、ツボの反応などから発見し、調えることで、自然治癒力を引き出し、免疫力や抵抗力を高めて、病気を改善し、予防する治療法です。

通常の治療院では痛い箇所だけ鍼治療しますが、当院では患部から遠いところから治療することで、根本的な原因を突き止め、痛みの解決をいたします。ちょっと身体を痛めてしまった人ならはその日のうちで治ってしまうことが多いです。

患者様の声

治療の流れ

①住所・氏名・電話番号。

②現在のおつらい症状・・・それは何時からで現在どんな状況か。

③過去の病歴、治療歴。

④現在の体調について。(その原因などを詳しくお聞きします)

両手の左右6箇所の脈の強弱や脈状(浮いているか沈んでいるかなど)を見る。6箇所にはそれぞれに臓腑が配当されていて左右を比較することにより、患者さんのどの経絡に異常があるかを判断します。

(ex.腎虚、肺虚、肝虚)

ただし、この腎とか肝とかは、腎臓・肝蔵が悪い、と言うことではなく、腎の経脈、肝の経脈に異常がある、と言うことです。

東洋医学では、人体の元となるのは腹部臓器である、との考えから、腹部触診によって異常な硬結を見つけ、それを改善するツボに刺鍼します。

リンパ球について、詳しくはこちら

例えば腰痛ですと、まずどの経脈が原因で発生しているかを確定します。

確定するために、種々の徒手テストを行い、異常のある経絡を探し、そしてその腰痛に効く
ツボに刺鍼していきます。

又、筋肉の疲労性腰痛の場合は、上記のはり治療のほかに、手技で筋肉にアプローチ
したり、腰部のストレッチで痛みの改善を図ります。

よくある質問

鍼は、髪の毛ほどの細いすべて滅菌された使い捨ての鍼で、使用する直前に開封したものを使用しますので安心・安全です。

また、灸は、米粒の半分ほどのもの(半米粒大といいます)を使用しますので、「チクッ」と熱さを感じる程度で、基本的に痕はつきません。

また、間接灸という、皮膚ともぐさの間に「灸点紙」というシールをはさんで施灸する方法もあり、こちらは全く痕は付きませんのでご安心ください。

ありません。

経絡治療に限らず鍼灸は、患者様が元々持っている自然治癒力で治します。

ただし、極まれに好転反応(瞑眩めいげん)が起こる人はいらっしゃいます。

治療前にご説明させていただきますので、ご安心ください。

当院では自費治療(全額自己負担)と保険治療(健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険)があります。

自費治療の場合は3,000円(約60分)

※当院は「初診料」は戴いておりません。

保険治療の場合はこちらを参考にしてください。

料金について、詳しくはこちら

ご体調や症状によって違いますが、症状が落ち着くまでは週1回以上の通院が必要になる場合もございます。

ただし、2~3週間に1回でも定期的にケアすることで効果を感じて頂くことが出来ます。

お問い合わせ

※必須
※必須
※必須
お問い合わせ内容※必須 ご予約
ご相談・お問い合わせ

ご予約の方

ご相談・お問い合わせ内容

ページトップへ